スポンサーサイト

  • 2020.06.22 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    浴衣のメーグマガジンのバックナンバーを公開をしました!

    • 2006.09.30 Saturday
    • 00:43
    時期はずれですが・・・
    まぐまぐさんの公式メールにもご紹介をいただいた

    浴衣についてのメールマガジンを公開させていただくことにしました。

    来年の夏のオシャレのお力になれたら・・・
    って、鬼も笑えないくらい、早すぎですね〜




    5月10日号 Vol.0001
    〜大人の女性のための浴衣塾〜
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    今週のポイント!
    ◎いきなり、一番の裏技を披露します
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ▼もくじ
    ●創刊のあいさつ
    ●今週のポイント! 浴衣は衣紋の抜きで「涼」を出す
    ●アルク連載「呉服屋美人!?二代目越智 香保利の海外行ったら着物です!」Vo1

    ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

    ●創刊のあいさつ
    始めまして。

    稚拙な文章で、お恥ずかしいのですが、もっと身近に着物ライフを楽しんで
    いただきたいと、この度メールマガジンを創刊させていただくことになりました。

    浴衣は着物導入のまずはファーストステップ。
    お手ごろで、着付けも、そしてお手入れも簡単です。

    だからこそ、年々浴衣の売上げは伸びて、近年はよく浴衣姿の女性を拝見します。

    しかし・・・呉服屋として、いつも残念に思うのが、
    「あともう少しでもっと綺麗に着こなしてもらえるのに・・・」ということです。

    このメールマガジンは、呉服店二代目の私、越智 香保利が、
    お店の経営とは別にして、皆様に一段上の浴衣を着しをしていただきたいと
    創刊させていただきました4ヶ月限定のメールマガジンです。

    今年の夏、浴衣姿で周りから注目&羨望のまなざしを浴びていただければ、
    着物への関心も高めていただけると思います。

    だから、惜しみなく裏技をこちらで発信。

    皆様の「きれい」と「女力」向上に尽力させていただきたいと思います。

    一方通行なメールマガジンではなく、相互コミュニケーションできれば嬉しいです。

    「私はこうしています!」の提案や、「こんな時はどうするの?」という質問も大歓迎。


    ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
    ●今週のポイント!
    今週のテーマ:浴衣は衣紋の抜きで「涼」を出す

    夏の浴衣、この着こなしの最大のポイントは「涼を演出すること」にあります。

    それはどこででしょう?

    襟合わせと思われる方が多いのでは?

    胸元を大胆に広げて浴衣をお召しにならる方を多くみますが、
    それはあまり効果的ではありません。

    胸元はきちんとしめ、その分、衣紋を抜くことが大切です。

    だいたい、握りこぶしが一つ程度入るくらいが、美しく見える加減です。

    しかし、襟芯の入っていない浴衣で、衣紋をきれいに抜くのは難しい技。

    そこで、お薦めなのが、浴衣に襟芯をいれる裏技です!

    浴衣の友襟(襟の二重になっている布)の裏側に襟芯を通すだけで、
    すっきりと襟が抜けます。
    (なるべく薄いものがわざとらしくなくてきれいです。
    無い場合は半紙を折って入れても可)

    胸元はきちんと合わせ、衣紋を抜くと、上品でしかも涼しげな見た目が演出できます。

    是非お試しください。

    ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
    ●アルク連載「呉服屋美人!?二代目越智 香保利の海外行ったら着物です!」Vo1

    _________________________________________
    ※こちらでは出版社アルクさんで連載をさせていただいている、
    私の経験に基づいたブログ小説です。

    後に続きますが、呉服店に生まれながらも、
    後継者になろうとは昨年までまったく考えていませんでした。

    しかし、留学中、着物により出会いやチャンスに恵まれ、考え方が変わりました。

    私だって昨年までは着物初心者!
    だからこそ分かる着物の難しさ、楽しさを一緒に共有していただければ幸い・
    そして、ちょっとしたおまけ感覚でこちらにも配信させていただきました。
    _________________________________________

    TITLE:「このままの人生で本当にいいの?」と悩むGirlsさん達へ

    はじめまして。呉服屋二代目、修行中の越智 香保利です。

    この度は、アクセス下さり、本当にどうもありがとうございます。


    さて、どうして一般人の私が、アナウンサーやモデルのみなさんに交じり、

    この場でブログを公表させて頂けるのか、皆さん疑問をもたれるかもしれません。


    今日はそのことについて、ご説明させてください。


    今でこそ「呉服店の二代目」という肩書きを持っていますが、昨年までの職業は会社員。大学卒業から、6年間、同じ会社にお世話になっていました。


    何不自由ない生活を送りつつも、「このままで人生本当にいいの?」と思い始めた29歳。

    日々募る「生活を変えたい」という思い。

    その頃偶然出会ったノルウェーという国に化学反応を起こし、留学を決意します。


    そこから大きく人生が変わってきます。


    ただ、職業が変わったのではなく、
    自分の考え方や人生への向き合い方が全く違ってきたのです。


    そして今の方が、「自然に生きられている」と自分では思っています。

    少なくとも「人生このままでいいの?」という問いはなくなりました。


    現在、その胸中に至った経緯を店のHPのブログで公表しています。

    そうしたところ、退社・留学・留学後の人生についての質問や、

    ご自身の人生についての相談をよく頂くようになりました。


    私のように「このままで人生本当にいいの?」
    という悩みを抱いたGirlsはたくさんいるんだ、そう思っていたところ、
    友人で、この「Girls' Talk」を担当されているアルク社のSさんから
    ブログ発表のご提案を頂きました。


    同じ女性として、一人でも多くの女性のお役に立ちたい。

    おこがましいけど、もっと多くの人に、私の経験や日々の生活を知って頂ければ、
    皆さんの癒しにつながるかもしれない。

    そんな願いを込め、この場をお借りすることにしました。


    「このままで人生本当にいいの?」と思われているGirlsさん。それは昨年までの私です。

    私は占い師でもないから、明日がどうなるかはいえません。

    また、宗教家でもないから、絶対的な事はいえません。


    でも、経験はお話できます。


    ブログの特性を生かし、Girls同士、コミュニケーションをとりつつ、
    このブログの方向性を定めていければ、なんと素敵だろうと思います。

    ぜひ皆様お力を貸してください。


    最後になりますが、Sさん!本当にこういった場を与えてくれてありがとう。

    そして「美人!?」って付けてくれて、もっとありがとう!


    さあ、そろそろお店の開店の時刻。準備に取り掛かります。


    最新版はこちらです→http://girls.alc.co.jp/ochi/

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>

    さかえ屋呉服店

    私のお店です Kimono Shop Sakaeya 東京店 http://kimono-sakaeya.com/Tokyo/

    Facebook

    https://www.facebook.com/sakaeya2daime/

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM