機織の会のご報告

  • 2006.05.29 Monday
  • 18:38
「地元埼玉の伝統工芸を応援する」最後のイベント。
本庄織物の荒井夫妻をお迎えして、5月27日(土)無事終了しました。

arakwa


雨にも関わらず、多くの方がご参加くださり、機織の体験やご夫妻から本庄織物のお話を伺いました。
sizue

アンジェリークはアメリカから留学中。出来たてたの、お誂えの浴衣を着ての機織にチャレンジ。
anje

右手、右足、左・・・掛け声をかけないと、分からならなくなっちゃう。1糸、1糸織るって本当に根気がいります。1cm織るのになんと時間のかかることか!昔は機織ができないと嫁にいけないといわれていたそうな。。。農作業の後に、女性は機織をしていたそうです。

hata

ジーナも日本の文化が大好き。、8月に帰国する前にこのイベントに参加できて本当によかったとのお礼メールがとどきました。
jina



荒井ご夫妻の紬には、お二人のご人徳が現れているように、やさしい色と手触り。


本庄紬は、生産者は皆様高年齢。

県の文化財にも指定されているため、当店のような個人の商店にはお運び戴けるようなことはないのです。

それを今回、荒井夫妻が「地元の着物を普及したい」という考えに共感をして下さり、実現しました。

お二人がアイデアを下さり、当日は機織を経験した方に、本庄紬のハギレを思い出にプレゼント。


お二人にはなんとお礼を申し上げていいのか分かりません。


今回、このような非営利のイベントが開催できたのもお二人のご理解があったからでこそです。

今までの呉服屋さんの会ではありえない会でしょう、、、、


この会を通し、手織りの紬がいかに製作に時間がかかるものか、
根気の要るものかをしりました。

ここまでくると、値段のお話じゃないですよ!



機織の会、来月には取り壊される現在のお店へのいいはなむけになりました。

お二人のお力添えに深く深く感謝いたします。

そしてご来店くださった皆様。どうもありがとうございました!
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/11/12 3:42 PM

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

さかえ屋呉服店

私のお店です Kimono Shop Sakaeya 東京店 http://kimono-sakaeya.com/Tokyo/

Facebook

https://www.facebook.com/sakaeya2daime/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM