ポリエステルの着物と半幅帯が亜流から本流へ!?

  • 2017.01.29 Sunday
  • 20:29

Facebook にコメント下さり、ありがとうございます!

 

”ポリエステルの着物に半幅帯”

 

「なし!」とお返事いただけて嬉しいです。

 

もちろん、私も「ノー」です。

 

理由は、呉服屋さんの家に生まれ、いかに職人さんたちが

 

苦心して美しい着物を作り出そうか、締めやすい帯を作ろうかを見ていたから。

京都西陣の綴れ織りのはた元 結びやすさを出すために、石を重しにして、あえて不均一の織り方をする

 

仕事を追求したあまり、生活困窮する人だっていたし。

(ポリエステルで作ればずっと安いけど、絹は高価なので非常にリスクのいる仕事です)

 

実際ポリエステルの着物を着て、あまりにも重くて、静電気が出て、裾さばきが悪いし、光沢がなかったので。

 

伝統という側面でもそう、もう廃れてしまいましたが、日本の近代化には絹が立役者といえるほどでした。

 

(私はまだ行けてないのですが、富岡製紙工場など良い例)

 

お蚕さん(絹を生み出す蛾)のお話し、私くらいの年だとおばあ様から聞いたとことあったと思います。

 

今でも皇后陛下の内なる大きなお仕事は「養蚕」です。

 

繭から生糸にして、それが着物へが当然でしたし、絹という光沢と滑らかな素材(なおかつ、たんぱく質を含む)であったからこそ、着物や帯が精緻な装飾が生まれたのです(これについてはまた後日)。

 

 

でも東レのシルックなど、絹を目指してつくられた化繊は素晴らしいと思います。この洗える着物(ポリエステルの着物をすべてそう呼ばないでほしい)、日本の優秀な化学繊維への称賛は私は惜しみません。

 

以前は重さが問題でしたが、最近お客様のご要望でおつくりした時、その重さも克服されていて、驚きました

068DE336-3F57-4E75-8DB3-CD960169A2B2.JPG

(静電気のない化繊、東レのシルックをお仕立てしてくださったアメリカの茶人。弊店も絹に近い化繊の着物はお貸出ししています)

 

 

 

では着物に「半幅帯」については了承するのかというと、それも呉服屋という側面からは「ノー」

 

主婦の友1935年の着物特集 みんなお太鼓
「主婦の友」1935年 もちろんお太鼓姿

 

販売してお客様が自身の選択でそうするのは勝手でしょうが、

 

呉服屋さんは販売でもレンタルでも、プロであれば正しいものをお客様に伝える義務を負うと思っています。

 

でも半幅帯を全面否定していません。

 

10代の女の子にはお太鼓は渋すぎるし、体が華奢なのでお太鼓は向きません。

 

また初代のように移動、お稽古事、割烹着の下、夕食お買い物(日本橋三越行くとデパ地下にご年配の方が着物で着てます!)

など。

 

何か「人様に面と向かってお会いしない」本番以外の時に向いています。

(木曽路HPより 産地を詐称しても、着物の形は詐称しません!)

 

あたかも「半幅帯」が本流であるかのように、着付けをレンタルショップでされるのには違和感を感じてしまうのは、そういった理由からです。

 

 

そしてさらにもっと私がゲス!(失礼)と思うのは、

 

 

半幅帯に帯締めをすることです。

 

「用の美」という美学と正反対、不必要なのに装飾だけで使われているので。

(証拠 名古屋帯。 半幅帯は浴衣の着付けにつかうのでこちらをご覧ください)

 

某ポリエステル着物+半幅帯レンタルショップのサイトより。帯締めを使うことを自慢しています。

 

(注:名古屋帯・袋帯では、帯締めがなければ着つけられませんが、半幅帯は無くて着つけられます

 同じ形に思える方もいるかもしれませんが、振袖には袋帯を使いますので、帯締めが必要になります)

 

お太鼓結びらしく見せたいので帯締めを付けているのでしょうが、日本の美学に反するなーと思えてなりません。

 

最後にともにもかくにも、

着物の産地である東京、京都、金沢で着物レンタルと言えば

 

”ポリエステルの着物と半幅帯”

 

で、それがだんだんとに多くなってきて、日本人の若い方はきっとそれが着物なんだという教育されているのをみて、

 

こうしちゃおれない!

 

せめて私のお店ある東京だけでも

 

「絹の着物にお太鼓姿」というのが主流なんだ!という潮流を作りたいと願って、

 

まずは拙き文章で恥さらしなのですが、なんとかかんとかブログを再開させてもらった次第です。

 

 

(金沢兼六園で、着物をレンタルされていると思わる日本人女性 ポリエステルの着物+名古屋帯)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

さかえ屋呉服店

私のお店です Kimono Shop Sakaeya 東京店 http://kimono-sakaeya.com/Tokyo/

Facebook

https://www.facebook.com/sakaeya2daime/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM