早稲田「着物文化研究」報告

  • 2010.01.31 Sunday
  • 12:08
先にお知らせさせていただいたとおり、

先日早稲田大学学生有志で、

着物文化の研究発表を行いました。

海外の方4名を含む総計8名の方々にご参加を頂き、

英語と日本語での発表と、インターナショナル会となりました。



紅型という沖縄の染めの技術について、

発表をなされた喜屋武さんから掲載の許可を得たので、

どうぞこちらで内容をご覧下さい。

http://www.kimono-sakaeya.com/download/kimono-okinawa.pdf

(表示に少々お時間が必要です)


ありがたいことに紅型宗家の知念さんへ直接インタビューをさせていただいての発表でしたが、

彼はそれに以上に調べ、発表されました。


戦後の紅型を語るには、もう一つの紅型宗家、城間さんを語らなくてはならないなと思っていたら、

ちゃんとそこまで調べられていたので、私も嬉しくなりました。




城間さんについてはこちらの本が素晴らしいです>澤地久枝「琉球布紀行」


作り方、歴史、特徴、問題点など網羅したうえで、

沖縄人とてしての視点を含む発表で、良くできた発表と私は感心しています。

彼が最後に提言した

紅型の「産業」と「文化」としてのバランス


私も常に思っていることでありますが、

昔は動力が人だけだったので、産業だけが行き過ぎたものにならなかったのだと思います。


実は色々な意味で紅型は、

戦前のものとは全く切り離された物となったのですが、

(知念、城間家ともに、戦前の宗家との正式な家系継承の証がまだ見つかっていません。またもう一つの沢岻家(たくし)は、消滅したと思われます)

機械が発展した今でも、城間さん、知念さんのように、

古の人々の同じく自分の手で仕事をなされている方々には、

最大の敬意を表したいです。





今回の研究発表チーム

左から
 藥師実芳(通訳)
 大島佳織 (型紙彫り)
 峰松加奈  (型染め)
 喜屋武悠生 (紅型)
 二代目
以上早稲田大学、大隈塾塾生
special thanks to 音澤Martin


試験期間中の忙しい中、

伝統文化の代弁者となることを厭わなかった

学生さんたちに大きな拍手!

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

さかえ屋呉服店

私のお店です Kimono Shop Sakaeya 東京店 http://kimono-sakaeya.com/Tokyo/

Facebook

https://www.facebook.com/sakaeya2daime/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM