一番暑い日の着物

  • 2009.09.14 Monday
  • 14:15
新シリーズをスタートしました。

”二代目の箪笥箱”

いったいいつまで続くでしょうか・・・


===============

前に書かせていただいたように、

私の着物について少々ご紹介をさせてもらいたいな〜

と思っております。

1回目は、季節が終わってしまいましたが、

「夏、しかも一番暑い日にはこれ!」という一着。



着物も帯びも、いずれも初代からのもの。

着物は、「スイシャ」という織らしいのですが、

創作していた問屋さんがつぶれてしまい、

初代は感性で買うので、ロジックは分からないとのこと。

撚糸が強いので、肌にまったく吸着せず、本当に涼しい!

初代は麻の襦袢をもっているため、麻にこの着物だと炎天下でも平気だといいます。

私は麻の襦袢がないので、ポリエステルをきているので、
汗だくになってしまいますが・・・

どうしても炎天下で、浴衣では許されないシチュエーションはこの1着です。


帯は絽綴れ。

じっくり見ていただかないとわからないのですが、

青の部分には、本当にこまかな模様がはいっています。

さすが、京都の西陣の誇り、爪で織りなす綴れだな〜と。

たぶんすっごく高かったんだろうなあと感じますが、

私はこれを紅梅の浴衣にも合わせています。


真夏に赤の帯は暑苦しい?と思ったのですが、

ぼやっとして色よりも、きりっとしてこういった色の方が、

夏の緑には映える気がします。


帯揚げは、加藤萬の麻の帯揚げ。

帯締めは、これも初代がうん十年前に買った野沢組紐の平のグラデーション。



あ!帯揚げ以外は、全て初代のお古ですね。

スポンサーサイト

  • 2020.06.22 Monday
  • 14:15
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    さかえ屋呉服店

    私のお店です Kimono Shop Sakaeya 東京店 http://kimono-sakaeya.com/Tokyo/

    Facebook

    https://www.facebook.com/sakaeya2daime/

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM