帯揚げ・帯締め新着お買い得情報

  • 2009.10.10 Saturday
  • 14:06
加藤萬の帯揚げ、

野澤組紐の組紐

新着登場!


花小町


ゆるぎ (冠)はこれだけの色をそろえていますから、見本帳からお選びいただきます。


加藤萬のりんだしは いつになっても女性の憧れ


いづれもお買い得価格で、店舗にてご提供させていただいております!

中野さんの籠染め(銅版染め)入手できました

  • 2009.06.19 Friday
  • 16:13
昨年の6月おどったこの記事

2008年6月24日、読売新聞 地域版


浴衣地の両面に繊細な柄を染める伝統的な「籠(かご)染め★」技法を全国で唯一継承する紺屋「中野形染工場」(越谷市大間野町)が、存続の危機に陥っている。浴衣離れや、安価な輸入プリント地の普及などによる需要の落ち込みが原因。創業100年になる同工場の三代目、中野留男さん(62)は「何とか守ってきたが、もう限界。今季の出荷が最後になるかもしれない」と無念そうだ。

こちらのブログでも反響を頂きました
http://2daime.kimono-sakaeya.com/?eid=889891


このサイトをご覧頂くと銅版染めの成り立ちや考え、
また器具が写真でご覧になっていただきます。

そしてきっと何かお思いになられることがあるかもしれません・・・

浴衣って単に形が浴衣の形ならいいの?

柄がついていたらなんでもいいの?って。


籠染めの浴衣、なんとかちくせんさんから分けていただきました。

楽しいお野菜の柄


裏面は小ナス!


不思議な幾何学模様ですが、着ると紬っぽく見えてお勧め。


米粒のようなもので書かれた寿

ともに綿100% ちくせん鑑製 2万9400円 です。


商品(浴衣)というのは、作り手の哲学の表層への現れなんじゃないのだろうか?


と、考えるのは、私だけでしょうか?

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

さかえ屋呉服店

私のお店です Kimono Shop Sakaeya 東京店 http://kimono-sakaeya.com/Tokyo/

Facebook

https://www.facebook.com/sakaeya2daime/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM