初代ファンにはたまりません!

  • 2009.10.03 Saturday
  • 00:03
敬老の日、

卓球を始めたがっている初代に

友達が卓球を指導してくれました。



俊敏すぎて、写真がうまく撮れません!


時たますごいよい球を返す初代。


求む新対戦相手!

初代の王子様

  • 2009.05.27 Wednesday
  • 00:15
初代の美男子好きは、ちょっと有名な話。

かっこいい男性に着付けをするときは、

「ちょっとごめんなさい」といいつつ、いつもより長く抱きついております。


さて、そんなある日の夜・・・・

大学から帰ると

初代「今日ね、ノルウェーからお客さんが来たのよ!」

2代目「わ〜フリーのノルウェーのお客さん初めてだね」

初代「それがね、ものすっごいかっこいいの!!

   なんだかね、ダンサーみたいなのよ。

   でもね、まったく日本語が話せなくって。

   電話番号聞いたから電話してみてよ」

2代目「 え! わざわざ電話番号聞き出したの?」

と、手渡されたメモには、とあるホテル名が・・・

倹約好きのノルウェー人が泊まるとも思えない高級ホテル名。

初代の説明からするとその人は20代前半。何者?

まさか・・・王室関係?

好奇心に負けて、電話をかけることに。


でも練習のために先に初代が電話口にでることに

初代「ハロー アイアム ケイコ サカエヤ キモノショップ
   
  ホールドオン プリーズ カホリ チェンジ」

 涙ぐましい・・・  

と電話を変わりはなしてみて、この人はすごい!


といことが発覚・・・

(次回に続く)

初代が早稲田に進学をしました

  • 2009.04.02 Thursday
  • 21:55
大隈銅像の前で


サークルの勧誘にもみくちゃにされる初代




1日遅れなのですが、時差でエイプリルフールNO!

(つまらないことしてごめんなさい(><)うそつきわすれちゃってて・・)

進学するのは私でございますポッ

今年から文化構想学部にてお勉強をさせていただくことになりました。

その志はまた別にご紹介することにして、今日の面白かった出来事を一つ。



入学式を終えて、大隈講堂からでてくると、サークルの新入生勧誘の嵐!

まさか私にはこないだろうとおもっていただ・・・

お情けなの?30を過ぎても抱えきれないほどビラを頂き、サークルに勧誘を頂きました悲しいありがたいことです。

それをすぐ隣で見ていた初代が


「どうして私にはもらえないの?」と学生さんに。

「新入生じゃないこと、分かっちゃった?」とも。

それを聞いた学生さん

「あのお母さんノリいいな〜」桜

初代がマネーの虎に挑戦!

  • 2009.02.20 Friday
  • 18:07
マネーの虎という番組はご存知の皆様が多いかもしれません。

私はその時期はまだ自分が店を継ぐなんておもうことなく生きておりましたので、残念ながら見逃してしまったのですが、

その番組で、新規事業への資金投資をされる社長さんのお一人、

エイチ・ワイ・ジャパングループというレストランチェーンの代表取締役 安田 久さんとご面識を持ちました。


そしてありがたいことにお仕事を頂戴したのですが、

ちょうど今日はある大きな打ち合わせとバッティング。

初代が出撃することに!

 (銀座で朝からのお仕事のため、初代はあわてないようにと、前日に現場の下見に行ったそうです。)


私も最終的に現場に間に合い、最後には安田社長もいらして、母がマネーの虎に対面!

何がおこるか!! とドギマギしておりましたが、

安田社長は大人、、ご自身からご挨拶してくださり、

最後には近くの経営店でお昼までご用意を下さりました。

大物は違いますね・・・


初代に「マネーの虎さんだよ〜」といっうと

初代「え?どこの国の人?」 


初代の経済学「芸者遊びの勧め」 その2

  • 2007.11.09 Friday
  • 22:46
初代曰く・・・

「花柳界(芸者さんの世界)が華やがなくては、

 日本の経済はダメになってしまう」怒りマーク


「政治家や官僚を民間が接待する。

 そのために、料亭が使われる、芸者がよばれる。

 料亭が使われれば、八百屋青りんごや魚屋魚の景気がよくなる。

 芸者の仕事が増えれば、美容院美容室、着物屋が潤う。

 また、タクシー車も、花屋花も、酒屋熱燗も使われるようになる。

 そんな風に、裾野まで恩恵が行き渡るようになるのよ」

と、接待をテコとした独自の経済活性化案を展開。

 ほほ〜と思っていると、

会は始まった。


 まずは、芸者の一番の正装、黒紋付に高島田で、

 置屋 久の家 3名の芸者さんが登場。
女女女

 衿を豊かに抜き、襟足から、赤い肌着がわずかに見える。

 女性でも、その色っぽさにくらっときてしまいます。ときめき

 ご挨拶の後、3人姉妹、末っ子の小七さんによるお琴の演奏。
 
 日本髪の姿で、ややうつむき演奏する姿、 

たおやか・・・・ポッ



 そして、真ん中の とんぼさんによる、舞「やっこさん」凧

 とんぼさんの姉御キャラで、

 ギャグも心得ているため、

 笑いを誘うこの踊りがとても彼女にあっている!

 一気に場も和やかになり、

 本当にお座敷のような雰囲気に。てれちゃう

 

 さらに、とんぼさんと、

一番上のお姉さん ぼたんさんによる舞。

 (ぼたんさんは大宮で一番の芸者さん。

 その陰のある美しさ、たしなみ、言葉になりませんが、
 
 次回なんとか表現させていただけるよう努力します!)

 
  「青海波」

  源氏物語 紅葉賀で、光源氏が頭中将と舞う、あの踊りです!

 桐壺の宮ではありませんが、

 私もお二人の美貌にくらくら・・・

 着物の袂が優美にゆれ、

 扇が弧を描き、

 時折のぞく、二人の赤い襦袢・・・

 なまめかしい・・・・ラブラブ


初代が言った、

「芸者さんがいれば、

全く無理な話しも、OKにさせてしまう!!

そうやって、日本の経済は動いてきたのよ!!」

という、話しもうなづけてしまいます。


美しいだけではなく、

芸を磨き、自己鍛錬をしている女性に、

お酌され、お世辞のひとつでもいわれたら、

そりゃあ、いい処を見せたくなるもんでしょうよ〜YES!


会はここれから、

いったん芸者さんという和の場から、

洋にバトンタッチ!

あのコンサバティブな初代が、

走りよってまでも見た、

妖艶なポールダンスショーの始まり始まり〜〜〜GO!


〜〜〜と、ここからはまた次回のお楽しみ!とさせてください〜〜〜

初代の経済学「芸者遊びの勧め」

  • 2007.11.09 Friday
  • 17:04
11月3日、地元大宮にて、

芸者さん主催のパーティが開催されました。拍手

会のいきさつはこちら http://event.kimono-sakaeya.com/?eid=633679

お座敷遊びをした者でしか、

今まで見ることが出来なかったマル秘

芸者の「舞」や「音楽」、そして「トーク」!ニョロピピピ

それが手軽に楽しめるということもあり、

会場は100名を越すお客様。

不肖、私2代目も、受付としてお手伝いをさせ頂いたのですが!

普通ではお会いできない、

「社長」と呼ばれる方、楽しい

「先生」と呼ばれる方、びっくり

そして!「ヤ**」と呼ばれる方に、冷や汗

お会いでき、大変貴重な経験をさせて頂きました。


今日はこの会をレポートさせて頂きます!


本来ですと私の未熟な感性でお伝えするよりも、

写真をどんど〜ん!と、

掲載させて頂いたほうが、

何十倍もイメージが沸くというものですが、

プロの芸者さん・ポールダンサーさんたちのため、

写真掲載は禁止されています。悲しい


ですが、この滅多にない経験を皆様と、

共有できれば、とても嬉しく、

初代の感想を交え、

頑張って、ご報告させて頂きますので、

よかったらお楽しみくださいませ。見る


・・・長くなるので、ひとまず次回に続く〜〜〜

初代、一等書記官と会談

  • 2007.05.21 Monday
  • 22:48

大使館の方もお客さんに多いのですが、

その中でも、一番長いお付き合いをさせていただいている方が、

こないだ初めて「政治担当」であることが発覚!

ちょくちょく顔を見せてくださる方なので、

私も初代も気を許して、いろんな話をさせていただきました。


最後のトピックスは「昭和天皇の戦争責任」について!!


とても中身の濃い話でした・・・

初代の確固たる意見はすごかった。

外交官と渡り合えるなんて、やはり「初代は敵なし!!」


写真はその方と、そのお友達の会に、お呼ばれされたときのスナップ

動物園で、初代が見たものは!?

  • 2007.05.20 Sunday
  • 22:30
ストーリー1

こないだの木曜日、

朝から昼間で雨だったのを覚えている方も多いはず。


木曜日のお休みとなると、朝早くから山登りに出かける初代でも、

その日は雨が激しいので、出かけないとのこと。

しかし、私がお茶の稽古から戻った4時。

家には誰もいない・・・

すると、母が

「見たわよ〜」

と、もどってきた。


私「どこ行ってたの?」

初代「大宮公園の動物園。 ヨリちゃん※を見に行ってきたの」

※ヨリちゃんとは、埼玉県寄居町でみつかった、ツキノワグマの小熊。大宮動物園で飼われるようになり、
母と私は見に行きたいね〜と言っていたばかりなのだ。

初代「それとね、フラ”メ”ンコも見たわよ〜」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ストーリ2

今日の日曜日、久々に家で食事をしていると

初代は「大河ドラマ見てるから、つけて」と。

テレビをつけ、番組がスタートする。

私「初代、これ誰の話か分かってる?」

初代「もちろん分かってるわよ!失礼ね!!」

と、いいつつ、

「う〜ん、誰だったかしら・・・」と、

目が泳いでいる・・

そして、テレビの画面に「風林火山」とでるやいなや!

初代「武田信玄!!」

(正解は 山本勘助 です)
~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ストーリ 3

初代「見つかったは!!!」

私 「何が?」

初代 「あんたが欲しがっていた私の紅花の着物のうち1つが!!」

(解説 山形の紅花染という着物は、紅花で色を染め、
なんともいえない、ピンクや黄色の色をだす。

紅花の花を沢山色染めに必要のため、
朴訥として雰囲気ながら、結構なお値段。

それを初代は2着ももっていたのにもかかわず、
2着とも行方不明に)

私 「うそ!どこで??」


初代「それがね、、、和裁士さんに

10年位前にあげてちゃってたのよ。

まさかあんたが着物に目覚めると思わなかったから。」


私 「え〜。ずーとそれを忘れていたの?

でもそれじゃあ悪いよ。返してもらったら」

初代 「それがね。。。 

和裁士さんが派手だからって(といっても母よりも10も若い方です)、

10年も着ないでおいたから、

このままではもったいないから、

よかったらお嬢さんに仕立て直してお戻ししたい

って言ってくれて、それで今日、

あげたことを思い出したのよ」

初代 レスキュー隊 に 救われる!? 

  • 2007.04.20 Friday
  • 23:17
「いつ行くの?」

私は毎日楽しみに、母に聞く。

「もう少ししたら外れるかと思って、、、怖いのよ〜行くの」

いつもはイケイケGOGO!の母ですが、

さすがに浮かない様子・・・


母の指にはめられた、ルビーの指輪。

かれこれ1ヶ月ははめっぱなし。

抜けないのです!


母は私のお茶の先生宅に、お着物を販売のためお見せしにいきたい。

でも、お茶の先生宅では、必ずお茶を出してもらえる。

お茶の席では指輪はご法度!

でも、この指輪が抜けないと、いけない・・・

ジレンマ!? 


整形外科に相談に行ったところ

「レスキュー隊に行って、特殊な機械で切ってもらわないと抜けません」

とすげなく、追い返され。

「今日は抜けるかな?とおもって、時間がたっちゃって」

指をさするが、明らかに、関節が指輪より太くなっている!!

私は母がレスキュー隊で指輪を切ってもらう姿を想像すると、

ただただおかしくって!!

「お母さん いつ行くの?」と毎日聞いてしまう。


しかし!

あんまりかわいそうだから、

インターネットで調べてみると

「宝飾店や時計屋でも切断可能」と。

母につげると、

レスキュー隊よりもソフトな感じがしたのか、

すぐに同じ商店街の時計屋さんへ。


30分後・・・


満面の笑みを浮かべて


「きってもらったの!!」


と切断された指輪と戻ってきた。


特殊なペンチがあるらしい。


それ以降、母は調子がまた絶好調!


今日は外国人のお客さんに、

日本語で熱弁をふるっていた。

理解してもらっていたらいいのだけど・・・


いや、彼女の場合、自分が話せたら相手は誰でもいいのだろう。

きっと犬でも、それこそ花でも、そういえば炊飯器とも話しているな・・・

電車を止めた初代

  • 2007.03.27 Tuesday
  • 23:54
「電車が止まって乗れてよかったわね」

と、髪を振り乱し、埼京線に乗り込んだ初代・・・

私が「とまったんじゃなくて、とめてたよ」

というと、周りで笑い声がちらほら・・・

そう、、月曜日の22時、新宿発大宮行きの埼京線は

思いのほか混雑していた。

出発のベルがなっていたので、

私が「次にしようよ」と母の肩をつかむと、

「乗れるでしょ!」といって、頭をつっこみ、

体半分がドアにはさまれていた!!

それでもぐいぐいと乗り込み、

電車は一度ドアをあけ、

その隙に私も含め、大勢の客が乗り込んだ・・・

すごい!!

多くの人をより早く家庭にかえらせるため、

自己を犠牲にした!初代はジャンルダルク!?


でも、やっぱり電車とめてたよ・・・

そしてこの風景で思い出すのが、

昨年のお引越しで新しいお店に着いたばかり、

何を考えたのか、

自動ドアの前で靴をぬいで、

自動ドアをあけて、靴だけ店にいれようとした初代。

その間に自動ドアがしまり、

絞首刑状態!

自分ではどうしてもドアがひらかず、

「かほり!!早く助けて〜」

といって、私があわててドアを踏みにいった・・

あれほど、うちの母親って面白いと思ったことはない・・・

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

さかえ屋呉服店

私のお店です Kimono Shop Sakaeya 東京店 http://kimono-sakaeya.com/Tokyo/

Facebook

https://www.facebook.com/sakaeya2daime/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM