職人問題と総理辞任の共通点

  • 2008.09.14 Sunday
  • 14:19
9月12日(金)、4回目となる銀座での講座が終わりました。

今回は9名の参加者を頂き、「職人の世界」と題し、

職人さんの歴史や、現在抱える問題をお話させていただきました。


ちょうどこのお話をまとめていた頃、福田総理の辞任。

参考文献に埋もれながら、職人の問題とこの辞任について意外な共通項を見出しました。


今回は現代社会への問題提起として、この12日の会のレジュメ+補足を以下のとおり発表させて下さい。




ティサネイア9月特別講座
職人の世界
さかえ屋呉服店
二代目 越智 香保利

1. 職人とは?

・ 職人と芸術家の違い
 職人は「用の美」を作り出す。つまり日常品の中に美をこめる。

 芸術家は自分の美の感性を日常品以外に具現化する。


2. 大量消費以前の職人の作られ方

「・・・技を習得することができる生き方を決める時代であったのである。職業を身につけるのに適当な年齢があって、その年齢は頭も体も若く、成長期以前であることが望ましかった。若い時代のすべてを学校での勉強にゆだねてしまった現在、手や体に技を記憶させる年齢は失われつつある。」 

                  ⇔


「身につけた技で生きるのではなく、会社に所属することが生きる道になってしまったのである。会社を運ぶこと、いい会社に入ることが生きていく一つの方法なのである。そのためには学歴が偏重され、修行元で学ははずのモラルや倫理や義理や思いやりなどを忘れてしまった。」(「失われた手仕事の思想」2001年 塩野 米松)



3. 職人が作成した品物の優位性
「丈夫さは欠かせない要素であった。丈夫さ、使い勝手、扱いやすさは機能美を生み出す。職人たちが作り出した一つひとつ製品に美しさを感じるのは、職人の美観もあるが試行錯誤が生み出した機能美である」(「失われた手仕事の思想」 塩野 米松)

 「選ばれないことは恥」丈夫さ、使いやすさ、美しさに日々磨きをかける。単にきれいなだけではない!


4. 職人が抱える問題と提言

「そこで戦前のようにゆったりとかまえて、その支配下にある職人たちをある程度保護しながら生産させる、というような余裕はなくなってきた。そこで自然、職人と問屋の結びつきは、純粋に損得勘定だけということになる。どちらも利潤追求が第一となる。そうすればもうこれは伝統産業であろうと何であろうと、弱小生産者、弱小資本の商人の問題となってしまう。ごく一般的な中小企業問題に帰してしまう。高度資本主義の時代のなかだけに、その弱さが近頃いっそう強く表面化しているわけだ。」(「日本の職人像」吉田光邦)

<私の出合った職人さんの実状> 
 埼玉県無形文化財長板中型技法保持者  初山一之助さん親子 (2006年2月)
  本場大島紬 経済産業省認定 伝統工芸士  重田茂和さん (2007年2月)
  日本一の鼻緒すげ師といわれる  寺崎 隆一さん (2007年6月)

このうちお二人は自己破産されています。そして自己破産なされてない方は、アルバイトで生計を立てています。

職人としての作業を時給にすれば、500円以下!


5. 職人問題から見えてくる現代社会の問題点
「大量生産でできた安価で質の悪い品を使うことにより。

→修理のほうが高いため、壊れたら、古くなったらすてて、安いものを買い換える。→世の中には「大切に長い間使う」という発想がきえ、長い時間でものを考えるということが消え始める。

長い時間のもののみかたができないところに文化は生じない。国民に長い目で物を見、行く末の像を描く訓練がなくなると、そこから生まれた政治家や指導者もそういった資質を失っていく。」(「失われた手仕事の思想」加筆修正)

蓄積した経験が機能しない時代は、目的の見えない闇雲な変革をもたらすのみでは?



・・・いかがでしょう?

なんとなく今の社会の問題を見出した気分になりませんか?



また悩み多き社会のなか、以下の一文も心に残りました。



体や手記憶された技は忘れることがない。体や手はいったん覚えれば悩むことがない。手は疑問を持たない。」(「失われた手仕事の思想」 塩野 米松)


次回のティサネイア特別講座は、10月7日(火)「再検証!衣替え」です。

 日本風土に合致しているはずの民族衣装・着物ですが、今では・・


詳しくは以下のサイトへ

http://www.santamarianovella.jp/2index/topics/1220353875.html


日本の豊かな気候と風土が生み出した 着る文化 〜麻の着物〜

  • 2008.07.31 Thursday
  • 15:18
日本の豊かな気候と風土が生み出した 

着る文化 〜麻の着物〜



と、題しまして、銀座のティサネリアさんでトークショー&勉強会を模様させていただきました。



今回は参加者さんもぐっと増えて12名様に。

中には毎日着物を着ている方もいらっしゃり、

「私と役を変えてもらったほうが好いかも・・・」と思う場面も。


しかしながら、最後にはみなさまから活発なご意見を頂戴し、




私の当初の思いであった

「みんなで考えや経験を交換し合い、

決まりきった呉服に変革与え、

生きた文化に変えていきたい」


そういった場所になってくださり、

とてもとてもありがたく思っております。


このティサネリアさんでの会は、ご好評をいただき、

毎月の開催となりました。

詳しくは以下のサイトまで。

http://www.yamano.co.jp/topics/1216033216.html

3月のコスプレ イベント報告

  • 2008.04.23 Wednesday
  • 22:45
時系列が前後しました・・・

3月にちょっとしたコスプレイベント!?を開催しました。

特にカナダ人の方は、独自にカメラマンを連れいらして、、、
パチンコ屋さんにまで赴いての、大撮影大会!

とてもシニカルな写真を撮られていました。こちらの独自のアルバムをご覧になってみてください。 こんな風に日本は外からみられているのか〜と分かります。


でも、やはり一番は日本女性に一度は振袖をお召しになって欲しいという願いをこめてのイベント・・・

振袖は日本女性を一番華やかに美しく見せてくれると私は信じています

振袖   
女学生風   ハイカラさんが通るを見て以来、絶対着たい!と思い続け、大学の卒業式でようやく念願をかなえた私の思い出の袴を今回お貸し出しさせていただきました。


 カップルさん  二人揃って着物でお出かけもいいものです!



参加したかった〜という声に押され、

3名さま以上で同じ日にご参加頂ければ、

常時同じイベントを準備させていただきたいと思っております。

よろしければお声をかけてください。

さかえ屋 in 嘉手納米空軍基地

  • 2008.04.15 Tuesday
  • 13:07
行って参りました。沖縄・嘉手納アメリカ空軍基地へ。


Sakaeya in Kadena air base!




(良く見ると、着物の合わせ方が逆です。が、作っていただいたので文句は言えません)


このような生活雑貨が売られている、本当に広い広いお店に(1週良く見て歩いていると1時間以上かかります)
弊店が出展させていただきました。




でも!!!

「言われていたことと、全く違う!」


と、まるで

日米関係の縮図を見るように、

アメリカ側に振り回されておりました。



(最終日の私、顔に疲れが。。。笑顔が引きつっている?!)

どこまで、お話していいのやら・・・

話しすぎて、秘密裏に暗殺されるやもしれないので、

あまり愚痴れませんが・・・

「しんどかった」。

というのが、第一感想です。


ほんのチョとだけ、

後ほど今回のことで感じたことを後日紹介させてください。

アメリカ軍VSさかえ屋

  • 2007.12.09 Sunday
  • 14:45
パールハーバーから、66年。

昨日12月8日、

さかえ屋が米軍へ戦いを挑みました!?


基地に入るには、パスポートと引き換えに

このようなカードを渡され、常に携帯を強いられます。


今回は某アメリカ陸軍の基地にて、

チャリティー着物販売を開催致しました。


基地の詳細な地図が見つからず、

連絡を入れると

「インターネットでは送れないから、

郵便で送った」とのこと。


しかし、待てど暮らせど、

郵便が届かない・・・


催促の連絡を入れた矢先、届いた!

すると「AIR MAIL」だ!!

なぜ?アメリカからなの?と思ったが・・・

スタンプに注目下さい!!




YOKOTA(日本)からですが、国際郵便のエアメール扱い!?

不思議だ・・・


販売はおかげさまで、大盛況を頂きまして、

その後、基地内の観光(!?)に連れて行っていただきました。


(これが噂の(?)PX)



めちゃくちゃ安いのですが・・・ 


めちゃくちゃ大きいのですが・・・



アメリカ本国にはまだ足を踏み入れたことの無い初代。

アメリカ人、そしてアメリカのショッピングモールの匂いに囲まれ、

日帰りアメリカ旅行気分!?


翌日・・・・

お留守番をしてくれた専務は、


「かほり、ドル触ったこと無いから見せて」と言われ、

お札を数えてもらいました。


大変ドメスティックな専務と初代には、

やや刺激が多かったようですが、

これで、なんとかボーナスが出る!

と、私は一安心した、

パールハーバーから66年目の12月8日でした拍手

キモノ地で作る手作り教室の会終了!

  • 2007.02.08 Thursday
  • 21:00
2月7日(水) キモノ地で作る手作り教室を開催させていただきました!

4
こちらの髪飾りを一緒に作りました。
(材料費と指導料込みで 500円)

3
早い方で15分程度、だいたい30分の製作時間。

12
のべ18名の方がご参加を下さりました。(一番多いときお店に10名以上が入り、過去最高の賑わい!)5
真実は定かではないが、、「一番私が高齢」とおっしゃれられるお客さま。

なんと前週に下見までいらして「おばあちゃんだけどいい?」と聞いてくださっていたそう。

もちろんOKです! そして「楽しかったよー」といって、帰ってくださり、よかった。

どなた様もご満足いただけた様子で、主催者としてはほっと、、


一番はいつもお世話になるMIKIKO先生に感謝!!

みんなで簡単に楽しく作れる品を考え、地道に用意をしてくれます。

私にはないものをいっぱいもっている、とっても尊敬できるお友達です。


「キモノ屋さんにはいったことなかったの〜」といわれる若い方もいらっしゃってくださりました。

今回は「キモノ屋さんにもっと親しんでもらうという」気持ちもこめていたので、思いが通じて嬉しい!

リサイクルのキモノは、サイズや汚れなどのある場合、

1000円から販売しています。

生地屋さんよりもお手ごろかもしれません。

そしてキモノの柄は、洋服地にはない、

不思議な魅力を持っています。

強い色のコントラスト・日本風な模様・素材感・・・

ぜひ、生地を見に来るつもりで、また遊びに来てくださいね!!

男性を味わってきました・・・

  • 2007.02.05 Monday
  • 00:28
味わい男子 和道 やまとなでしこ倶楽部!?!!!


ものなるものに、

男性着物の件でお世話になっております、

早坂伊織さんからご招待いただき、

お邪魔させていただきました・・・


1

なぜなぜ?お坊さんが出席なの?味わいってどうして??


2

中央が主催者の方、

左の七緒の編集長と二人で

「この会は・・・」と話しながら、

結局は大変楽しんできました(^^)!

チャリティーと新年会のご報告

  • 2007.01.25 Thursday
  • 23:05
1月20日(土)

ちょっと遅いですが、

はんなり倶楽部新年会を開催しました!

みなさまいらっしゃいませ〜
17
外国の方も合計3名 (私と一緒に写っているのは「かほり」!Wかほりです!!)

3Bちゃん 帯変えてまたぐっと着物の雰囲気変わったね!

そしてそして!メインイベントは!!

会員さんが披露して下さった居合です!!
4遅いぞ武蔵
5待たせたな小次郎

6えいや〜


2ごはんもおいしくって、
雰囲気も最高!そして値段もお安い!!


すばらしい会でありました(^^)

参加して下さった方からは、こんな光栄なお言葉も!!

======================
皆さんとお話しできる絶妙なお部屋のキャパ、
美しいお庭が見渡せる最高の雰囲気、
そして何と言っても、集まる人たちのキャラクターの素晴らしさ。

二代目さんの人柄と一つ一つの企画に対する熱意が
素敵な企画を作り上げるんだろうねー。
と、褒めすぎてしまったが、、、
次回の企画もすごく楽しみにしてまーす!
========================

ここまで楽しめたのは、

参加された方がお一人お一人

「場を楽しもう」と積極的に、受身ではなく参加された体と思います!!


本当にみなさまありがとうございました。


また、今回のようなイベントの際には、チャリティーへの協賛を弊店では行っております。

今回は、「おいしいものも食べるし、弊店はリサイクル店」

だったら、これだ!

ということで、「セカンドハーベスト」さんへ、寄付。

(もともとはアメリカ人の友達がサポートしていた団体)

みなさまのご好意によりまして、

総合計は 9,965円  となりました。

協会にお送りさせていただき、領収書はおってまたご報告させていただきます!


次回のイベントは・・・こちらです!> 

2月7日 手作りの会

山田香織さんとの対談

  • 2006.10.20 Friday
  • 18:02
2月に地元大宮つながりで、

盆栽園のお嬢様 山田香織さんとの対談をさせていただきました。


その模様を清香園さんのHPでまとめて下さいました。

和の後継者の苦悩・・・を楽しんでください(^^)



http://www.seikouen.cc/saika/Interv.html

最近のその他

  • 2006.07.18 Tuesday
  • 23:20
最近開催したイベントや、ちょっと新しいサービスのお話しなど。

日本語学校EII大宮さんの夏祭り会をサポートしました!

Eii 会で披露された、中国からの留学生さんによる京劇 浴衣似合ってる!


MIKIKO先生の色留袖によるドレスの仮縫い風景
ボレロもついてるんですよ。
kanayama

Mikiko先生による、手作りなんでも相談会が
「インターナショナル浴衣カフェで開催」されます。

7月20日金魚坂にて、17〜21時で開催。 限定5名です。
希望者はメールをいただけますでしょうか?(お席を一緒に確保させて頂きたいので)

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

さかえ屋呉服店

私のお店です Kimono Shop Sakaeya 東京店 http://kimono-sakaeya.com/Tokyo/

Facebook

https://www.facebook.com/sakaeya2daime/

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM